Benesse:ベネッセ
進研ゼミプラス 小学講座会員ページ

第15回 夏のチャレンジ 全国小学生『未来』をつくるコンクール

ー 夏のがんばりは未来の力になる! ー

全国の小学生を対象に、作文・自由研究・環境・絵画の4部門を募集しています。

応ぼ受付期間 2018年7月1日(日)~9月16日(土) (応ぼ係に届く日) ※9月16日【応募係必着)のしめ切りは必ずお守りください。しめ切り日までに届かなかった応募作品は審査および参加賞の対象になりませんので、余裕をもってご投函ください。

作文部門 (対象学年:1~6年生)

自由研究部門 (対象学年:1~6年生)

環境部門 (対象学年:3~6年生)

絵画部門 (対象学年:1・2年生)

今年も皆さんが楽しみに待っている「第15回 夏のチャレンジ 全国小学生『未来』をつくるコンクール」を開催いたします。

審査員の先生方も今年はどんな作品が見られるのかと楽しみにしています。作品を見ていると、皆さんの顔が浮かんできます。楽しそうな顔、困っている顔、汗をかきながらがんばっている顔、やりとげて満足そうな顔などです。どの顔も素敵です。
作品をつくるとき、「どんなことを取り上げたらいいのかわからない」という質問を受けることがあります。その人は「コンクールによい作品を出さなければ」という気持ちが強いのではないでしょうか。そんなときはよい作品をつくるということはあまり考えずに、自分がやりたいと思ったことを、また調べたいことを取り上げるのがよいと思います。そのためにはふだんから、「おもしろいなあ、やってみたい」と思ったことや「ふしぎだな、調べてみたい」と思ったことをメモしておき、調べる時間が多く取れる夏休みに作品にするのがよいかと思います。
生活の中で、「おもしろいなあ」、「ふしぎだな」と感じ、それをやってみたい、調べてみたいなどと思う人は、自然や社会に対して鋭い感覚を持っている人です。その感覚をみがき、「おもしろいなあ」「ふしぎだな」などを多く見つけ、皆さんらしい作品をつくってください。
作品をつくるためには、苦労もあると思いますが、それを乗り越えていくことで、知識、考え方、判断力、表現力などが身についてきます。これらの力がみなさんの明るい『未来』をつくっていくのです。

今年はどんな作品が応募されてくるのでしょう。楽しみにしています。

ベネッセ教育総合研究所 顧問 深海龍夫

Benesse:ベネッセ

© Benesse Corporation. All rights reserved.

ページの先頭に戻る