Benesse:ベネッセ
進研ゼミ 小学講座会員ページ

第15回 夏のチャレンジ 全国小学生『未来』をつくるコンクール

ー 夏のがんばりは未来の力になる! ー

全国の小学生を対象に、作文・自由研究・環境・絵画の4部門を募集しています。

応ぼ受付期間 2018年7月1日(日)~9月16日(土) (応ぼ係に届く日) ※9月16日【応募係必着)のしめ切りは必ずお守りください。しめ切り日までに届かなかった応募作品は審査および参加賞の対象になりませんので、余裕をもってご投函ください。

作文部門 (対象学年:1~6年生)

自由研究部門 (対象学年:1~6年生)

環境部門 (対象学年:3~6年生)

絵画部門 (対象学年:1・2年生)

今年も皆さんが心待ちにしている「第16回夏のチャレンジ全国小学生『未来』をつくるコンクール」を開催いたします。毎回、力作が多く、審査員の先生から驚きやすばらしさを認める声が出ています。今年はどんな作品を見ることができるのでしょうか。とても楽しみです。

今年は5月1日より平成から令和という元号に変わりました。そのため、皆さんの作品は令和元年(1年)コンクールの記念すべき作品になります。皆さんが努力したすばらしい作品で令和元年のコンクールを盛り上げていただければと思います。

自由研究は、皆さんが自分なりの考えを大切にして、時間をかけてじっくり考え、そして調べます。自分が不思議に思ったこと、調べたいことに取り組みますので、自由研究は楽しいと思います。しかし、簡単には作品を作ることはできません。途中でどうしてよいのかわからなくなったり、くじけそうになったりすることが何回もあります。この経験はだれでもしますし、決して楽をして作品を作ることはできません。それだけに作品ができたときの喜びは大きく、自分に自信がつきます。作品を作るということは、研究のしかた(学んでいく方法)、知識、考え方、表現力などが身につき、学校での学びに十分に生かせるものなのです。また、物事にあきらめることなく、じっくり取り組んでいく姿勢も身につきます。これまでの作品の中には、何回も失敗しながらも、そのたびに別の方法を考えて、自分の調べたいことを突き止めていった作品がいくつもあります。今年の作品にはどんな努力があるでしょうか。この努力がこれからの皆さんの明るい『未来』をつくっていくのです。令和元年、皆さんの努力の作品を楽しみに待っています。

ベネッセ教育総合研究所 顧問 深海龍夫

Benesse:ベネッセ

© Benesse Corporation. All rights reserved.

ページの先頭に戻る