「自由研究部門」の作品

1年生ねんせい

テーマ

ぼくが わたしが みつけた いきものの かんさつカードかあど ~だいはっけんした ことを え に かこう~

選考基準

  1. ①生きもののつくりやしくみの特徴をとらえられている。
  2. ②感じたことを思いのままにかき、生きもののいきいきとした様子が表れている。

山本 葵 さん(愛知県)の作品

「アサガオのたね」

受賞者の作品

先生せんせい

アサガオのみからたねをとるとき、みのなかのへやのかずが3しつと4しつがあることにきづきました。さらに1しつのへやにたねが0から2こまであることをつけていて、すばらしいめをしています。1このみからおおければ8このたねができるとすると、アサガオぜんたいではなんこぐらいのたねができるでしょうか。みのへややたねのえはよくてとてもせいかくにかいています。

  1. 「ひまわり」 弘田 実々さん(大阪府)
  2. 「しょうりょうばった」 菊川 真翔さん(鳥取県)
  3. 「ちょうせんかまきり」 神田 理帆さん(東京都)
  4. 「アサガオ」 岩﨑 蒼空さん(北海道)
  5. 「コガネムシ」 斯波 こころさん
    (神奈川県)
  6. 「モノアラガイ」 白鳥 憩さん(新潟県)
  7. 「ウンベラータ」 當眞 碧晄さん(沖縄県)
  8. 「ホンヤドカリ」 大熊 紡生さん(埼玉県)
  9. 「シーサーグモ」 杉山 惣太さん(沖縄県)
  10. 「だんごむし」 日栄 騰間さん(北海道)

2年生ねんせい

テーマ

ぼくが わたしが つけた きものの かんさつカード 大発見だいはっけんした ことを に かこう~

選考基準

  1. ①生きもののつくりやしくみの特徴をとらえられている。
  2. ②感じたことを思いのままにかき、生きもののいきいきとした様子が表れている。

堀内 日向子 さん(神奈川県)の作品

「ゴマダラカミキリ(オス)」

受賞者の作品

先生せんせい

すごいですね。ゴマダラカミキリ(オス)をよくかんさつしていますね。しょっかく、あしさきものからだのせなかやおなかの部分ぶぶん、おしりの部分ぶぶんなどくわしくみていることにおどろきました。しょくよくがなくなりみずをほしがるゴマちゃん(ゴマダラカミキリ)がきられるようせわをしたいという言葉ことばがなんともうれしかったです。すばらしい作品さくひんです。

  1. 「すいかのはつが」 平井 優葵さん(香川県)
  2. 「ヤドカリ」 德永 悠乃さん(鹿児島県)
  3. 「トマトのヘタ」 長谷川 玲菜さん(宮城県)
  4. 「ふたごトマト」 南 敬春さん(茨城県)
  5. 「カナヘビ(カナポン)」 小谷 朔太郎さん
    (鹿児島県)
  6. 「せみ」 新開 陽大さん(奈良県)
  7. 「ニホンヤモリ」 英 隼大さん(和歌山県)
  8. 「ニホントカゲ」 石橋 英玲奈さん(東京都)
  9. 「おちゃの はっぱ」 雜賀 一休さん
    (中華人民共和国)
  10. 「ミニトマト」 大石 晴紀さん(静岡県)

3年生ねんせい

テーマ

きみの調ちょう ~なぜ・どうしてとおもったことを調しらべよう~

選考基準

  1. ①自分がふしぎに思ったことをテーマに選んでいる。
  2. ②「調べたいと思った理由→予想→調べ方(実験・観察、調査の方法や計画)→結果→わかったこと」という流れで
    まとめられている。
  3. ③結果から自分なりの発見ができている。

椿原 旅人 さん(大阪府)の作品

「世界のりにゅう食たいけんツアー」

受賞者の作品

先生せんせい

いもうとさんがまれたことから、世界せかい離乳食りにゅうしょく調しらべました。20すうこく英文えいぶんのアンケートをおねがいし、たのしい離乳食りにゅうしょく情報じょうほう収集しゅうしゅうしました。たとえば、大人おとなものであるタロイモやマンゴーなどをおかゆじょうにしてあたえています。なかには離乳食りにゅうしょくのないくにもあることがわかりました。世界せかいから情報じょうほうあつめるという発想はっそうすぐれており、いもうとさんへの愛情あいじょうがこもったあたたかい研究けんきゅうになりました。

岡本 駿佑 さん(大阪府)の作品

「ナミアゲハのしいくかんさつとサナギのぎたいに関する実験」

受賞者の作品

先生せんせい

かわいがっているナミアゲハの成長過程せいちょうかてい愛情深あいじょうぶか観察かんさつし、記録きろくしました。食草しょくそうのミカンのくさ産卵さんらんする様子ようす一令いちれいから四令よんれいまでの幼虫ようちゅう成長過程せいちょうかてい、サナギから羽化うかする様子ようすなどをくわしく観察かんさつしています。後半こうはんはサナギをプラスチックの容器ようき、ヨーグルトの容器ようき新聞紙しんぶんしがみなどにれて、「擬態ぎたい実験じっけん」を実施じっししています。ナミアゲハへの興味きょうみ愛情あいじょうがこもった研究けんきゅうになりました。

布施 孝太朗 さん(千葉県)の作品

「ゾーン30は守られているのか?~真夏の交通安全大作せん!!~」

受賞者の作品

先生せんせい

通学路つうがくろくるまこす事故じこあとちません。この研究けんきゅう自宅前じたくまえ生活道路せいかつどうろ安全対策あんぜんたいさく「ゾーン30」という速度制限区域そくどせいげんくいきを、どれだけのくるままもっているかを調しらべたものです。1週間しゅうかん朝昼夕あさひるゆう通過つうかするくるま速度測定結果そくどそくていけっかをデータにまとめ、予想よそう比較ひかくし、大半たいはんくるま違反いはんしている事実じじつあきらかにしました。今後こんご対策方法たいさくほうほう提案ていあんしていますが、大人おとなだけにまかせない「どもの主体的しゅたいてき姿勢しせい」がひかります。

橋本 美咲 さん(神奈川県)の作品

「うめずはどこから?」

受賞者の作品

先生せんせい

みず一滴いってきれていないのに「梅酢うめず」のえきてくるとは、本当ほんとう不思議ふしぎですね。研究けんきゅう結果けっか半透膜はんとうまくや、浸透圧しんとうあつというむずかしい原理げんりにたどりきました。そのあとも、砂糖水さとうみずやしょうゆなど、けるえきえたり、キュウリやニンジンでたしかめたりするなど条件じょうけんえることで、科学かがく本質ほんしつちかづくことができています。そうした探求心たんきゅうしんをこれからも大切たいせつにしてください。

  1. 「シャチのショーのひみつ ~トレーナーさん(人間)とシャチは、どうやって心をかよわせているのだろうか?~」 今関 海翔さん(茨城県)
  2. 「週間天気よほうはどのチャンネルが一番当たるのか?」 近藤 充希さん(神奈川県)
  3. 「火起こしの方法について」 漆畑 勇人さん(静岡県)
  4. 「家にあるのみ物や調味料で10円玉をピカピカにする実けん」 楠元 美虹さん(大阪府)
  5. 「キイロスズメバチ すごいぜ!! スや幼虫、さなぎ、せい虫」 吉永 侑生さん(岡山県)
  6. 「木工用ボンドでどんな物がつくのか」 小泉 凛音さん(静岡県)
  7. 「こうぼはどんなものからでも作れるか」 伊東 日咲さん(静岡県)
  8. 「タガメの観察日記 パート1(2020)・パート2(2021)」 𠮷田 莉空さん(新潟県)
  9. 「SDGsで きがをゼロに」 米倉 佑一郎さん(岩手県)

4年生ねんせい

テーマ

きみの調ちょう ~なぜ・どうしてとおもったことを調しらべよう~

選考基準

  1. ①自分がふしぎに思ったことをテーマに選んでいる。
  2. ②「調べたいと思った理由→予想→調べ方(実験・観察、調査の方法や計画)→結果→わかったこと」という流れで
    まとめられている。
  3. ③結果から自分なりの発見ができている。

杉原 秀汰朗 さん(岐阜県)の作品

「わりばしはどうしたらきれいにわれるのか?」

受賞者の作品

先生せんせい

とてもユニークな研究けんきゅうおどろくと同時どうじに「やってくれましたね。」とおもいました。きちんとわれないわりばしにをつけたのはすばらしい。実験じっけん条件じょうけんをそろえるのはもちろんのこと実験道具じっけんどうぐつくり、研究けんきゅうすすめている姿勢しせい立派りっぱだとおもいます。自分じぶん疑問ぎもんかんじたことを追求ついきゅうつづけていくことは自分じぶんたかめていくうえでなによりも必要ひつようなことです。さらなる研究けんきゅうたのしみにしています。

  1. 「どうして虫歯になるのかな」 桑原 明日香さん(広島県)
  2. 「アキアカネ観察日記」 小野寺 梛水さん(山形県)
  3. 「氷の溶ける速さの研究」 原田 晃多さん(広島県)
  4. 「お金のひみつ」 片桐 未尋さん(岐阜県)
  5. 「ぼく おいしく育つ 地球にやさしい豆苗くん」 藤本 望愛さん(愛知県)
  6. 「ぼくににあうマスクの色は?」 奥田 護仁さん(千葉県)
  7. 「たねなしピーマンできるかな パート①」 新井 理心さん(長野県)
  8. 「ポンポン船を作って分かった事」 大竹 悠稀さん(福島県)
  9. 「しょうがい者への町の工夫 ~思いやりの大切さ~」 堀 純寧さん(岐阜県)
  10. 「なぜ土に水をかけるとあわがでるのか」 福家 優太さん(長野県)
  11. 「アイスクリームと氷と塩のひみつ??」 大谷 有佳里さん(兵庫県)

5年生ねんせい

テーマ

きみの発見調査はっけんちょうさレポート 興味きょうみをもったことを調しらべてレポートにまとめよう~

選考基準

  1. ①選んだテーマの目的や動機がはっきりしている。
  2. ②「目的→予想・仮説→調べ方(実験・観察、調査の方法や計画)→結果→考察」の流れができている。
  3. ③自分の興味・関心や身近な生活、地域の自然や社会の問題などに結びつけて考えられている。
  4. ④結果から、自分なりの考えや提案が書けている。
  5. ⑤人に伝わるようにわかりやすく表現できている。

松岡 志音 さん(鳥取県)の作品

「なぜ!? 住宅街から絶滅危惧種を発見!!~サンショウウオの観察から学んだこと~」

受賞者の作品

先生せんせい

自然しぜんゆたかな場所ばしょにしかいないとおもっていた絶滅危惧種ぜつめつきぐしゅのサンインサンショウウオが身近みぢかいえいけから発見はっけんされたらだれでもびっくりしますよね。自然界しぜんかいでは1パーセントの生存率せいぞんりつといわれるなかで、たまごから丁寧ていねい飼育しいくし、観察かんさつかさねたことが記録きろくからつたわってきます。今後こんご予想外よそうがい場所ばしょから発見はっけんされる可能性かのうせいてきました。想像そうぞうしただけでもワクワクしますね。

  1. 「めざせ! 英語暗唱チャンピオン!★名人への道★」 柳瀬 うるるさん(静岡県)
  2. 「『植物の発芽と種子の状態の関係』」 松田 慶太さん(群馬県)
  3. 「!!わたしの町のバリアフリー!!」 辻本 明莉さん(福岡県)
  4. 「体がやわらかくなりたい 僕のお灸調査レポート」 山本 郁志さん(奈良県)
  5. 「お家で簡単!!! わたあめ大実験 報告書」 佐藤 希さん(東京都)
  6. 「糸電話は、どんな材料なら会話できるのか」 横山 結衣さん(静岡県)
  7. 「SWITCHトマト研究所/6こののみものとあさがおの成長」 奥村 陽登さん(愛知県)
  8. 「ぼくがマインクラフトを手に入れるまで」 髙橋 奏音さん(兵庫県)
  9. 「氷に変身する液体」 藤井 理央さん(静岡県)
  10. 「料理のサイエンス」 高橋 美結さん(千葉県)

6年生ねんせい

テーマ

きみの発見調査はっけんちょうさレポート 興味きょうみをもったことを調しらべてレポートにまとめよう~

選考基準

  1. ①選んだテーマの目的や動機がはっきりしている。
  2. ②「目的→予想・仮説→調べ方(実験・観察、調査の方法や計画)→結果→考察」の流れができている。
  3. ③自分の興味・関心や身近な生活、地域の自然や社会の問題などに結びつけて考えられている。
  4. ④結果から、自分なりの考えや提案が書けている。
  5. ⑤人に伝わるようにわかりやすく表現できている。

若林 由夏 さん(富山県)の作品

「Wi-Fiの研究
クロームブックをつながりやすくするには?」

受賞者の作品

先生せんせい

コロナなか、ギガスクール構想こうそうがスタートしました。一人ひとりだい端末たんまつとなり、いえかえっての学習がくしゅう際直面さいちょくめんしたWi-Fiワイファイへの疑問ぎもんからまれた問題もんだい解決かいけつした研究けんきゅうです。障害物しょうがいぶつとの関係かんけい電気製品でんきせいひん影響えいきょう調査分析ちょうさぶんせきし、また、接続機器数せつぞくききすうについての実験じっけんとおして、端末たんまつのつながりやすさをかんがえました。研究成果けんきゅうせいかいま時代じだいにマッチし、おおくの友達ともだち参考さんこうとなる、たいへんすばらしいものです。

田中 海羽 さん(大阪府)の作品

「安威川の源流から海まで」

受賞者の作品

先生せんせい

研究動機けんきゅうどうきにある「37年前ねんまえちち調しらべた資料しりょう」とくらべて現在げんざい安威川あいがわ調査ちょうさした時間じかん空間くうかんのスケールのおおきな研究けんきゅうです。下流かりゅうになるとむかし変化へんかしたはし堤防ていぼうなどの景色けしきがありますが、かわながれやかたちはあまりわっていないことと、ダムと水防すいぼうについてかんがえたことなどが表現ひょうげんされています。このさき安威川あいがわ変化へんかをとらえていけば、さらにかさねられたものとなり、親子共同研究おやこきょうどうけんきゅうふかまるでしょう。

大谷 知羽音 さん(兵庫県)の作品

「転がる球の速さと重さの関係」

受賞者の作品

先生せんせい

中学生ちゅうがくせい高校生こうこうせいになると斜面しゃめん使つかってものたま衝突しょうとつさせ、
エネルギーの交換こうかんやまさつなどについて学習がくしゅうします。そこにつながるわかりやすい研究けんきゅうで、しかも工夫くふうしている実験じっけんがたいへんよいとおもいます。
データを何回なんかいもとり、グラフしていることもやすくてすばらしいとおもいます。インターネットやほん調しらべながらすすめていることもよいことです。この姿勢しせいはこれからさらに役立やくだつとおもいます。

  1. 「おじいちゃんの畑からでてきた土器や石器の大調査 in 2021 エリ穴遺跡」 橋本 秀斗さん(千葉県)
  2. 「『最強のキリギリス』の飼育記録」 林 大雅さん(大阪府)
  3. 「花の色は変わるのかな? 吸水・蒸散」 岩崎 樹さん(静岡県)
  4. 「えんぴつ1本で何文字書ける?」 松尾 風香さん(大阪府)
  5. 「自作ラジオ『オレ流ラジオ』」 大岡 士晏さん(福岡県)
  6. 「種にソーシャルディスタンスは必要? 豆苗の種の研究 part3」 古澤 真知さん(千葉県)
  7. 「炭酸水 ~ぷくぷくの末路~」 岡島 花乃さん(神奈川県)
  8. 「ぼくのスーパー記憶術」 名和 淳一郎さん(岐阜県)
  9. 「ギアはなぜ軽かったり重かったりするの」 小野 雅広さん(千葉県)
  10. 「はつか大根 発芽大根研究!!」 皆川 真胡仁さん(千葉県)
「コンクールについて」にもどる