「自由研究部門」の作品

1年生ねんせい

テーマ

ぼくが わたしが みつけた いきものの かんさつカードかあど ~だいはっけんした ことを え に かこう~

選考基準

  1. ①生きもののつくりやしくみの特徴をとらえられている。
  2. ②感じたことを思いのままにかき、生きもののいきいきとした様子が表れている。

稲田 迅馬 さん(広島県)の作品

「アメリカザリガニ」

受賞者の作品

先生せんせい

アメリカザリガニのたまごをつけたときはおどろいたでしょうね。たまごをまもるためにしっぽをまるめていたことを発見はっけんしました。たまごは自分じぶんうごくこともできず、まもることができないので、おやまもらなければならないのです。しかし、おやになるとおおきなはさみをもち、まもることもできますし、たまごをまもることもできるのですね。たくましいおやザリガニがよくえがかれています。

  1. 「ふしぎないか」 畑田 梨凛花さん
    (神奈川県)
  2. 「さわがに」 齋藤 吉太朗さん(宮崎県)
  3. 「さわがに」 松内 那由多さん(長野県)
  4. 「あぶらぜみ(オス)」 古川 茉尋さん(東京都)
  5. 「ざりがに」 越川 友毅さん(千葉県)
  6. 「ゴーヤー」 宮田 葵斗さん(愛知県)
  7. 「カマキリ」 樋口 藍さん(京都府)
  8. 「ひまわり」 宮﨑 莉央さん(高知県)
  9. 「にじいろトカゲ」 安達 奏介さん(岐阜県)
  10. 「あまったしそ」 小林 奏翔さん(新潟県)

2年生ねんせい

テーマ

ぼくが わたしが つけた きものの かんさつカード 大発見だいはっけんした ことを に かこう~

選考基準

  1. ①生きもののつくりやしくみの特徴をとらえられている。
  2. ②感じたことを思いのままにかき、生きもののいきいきとした様子が表れている。

中塚 千尋 さん(京都府)の作品

「ゆでた赤キャベツ」

受賞者の作品

先生せんせい

台所だいどころあかキャベツをでるのをて、にたしるあかむらさきにまることやあかキャベツのすじ(葉脈ようみゃく)がはっきりえることを発見はっけんしました。キャベツのふといすじ(主脈しゅみゃく)からほそいすじ(側脈そくみゃく)がて、さらにほそいすじがて、最後さいごにすじが五角形ごかくけいになることまでいています。まず、大変たいへんすぐれた観察かんさつがんおどろきました。つぎに、すばらしい仕上しあげたことに感心かんしんしました。

  1. 「ツバメのおや子」 坂口 麗花さん(岐阜県)
  2. 「ピーマン」 中島 秀結さん(埼玉県)
  3. 「さんぽではっけんしたヒマワリ」 有木 丈晴さん(広島県)
  4. 「オキナワキノボリトカゲ」 漢那 侍英さん(沖縄県)
  5. 「アゲハちょう」 柏原 亜澄さん(大阪府)
  6. 「ぼくが見つけたシオマネキ」 柴﨑 哲平さん(鹿児島県)
  7. 「キアゲハのしゅうれいよう虫」 岡田 瑞生さん(広島県)
  8. 「サワガニ」 姉川 暖さん(大阪府)
  9. 「たべたあとまたはえたとうみょう」 佐藤 匠さん(岡山県)
  10. 「タマムシ」 酒井 文華さん(愛知県)

3年生ねんせい

テーマ

きみの調ちょう ~なぜ・どうしてとおもったことを調しらべよう~

選考基準

  1. ①自分がふしぎに思ったことをテーマに選んでいる。
  2. ②「調べたいと思った理由→予想→調べ方(実験・観察、調査の方法や計画)→結果→わかったこと」という流れで
    まとめられている。
  3. ③結果から自分なりの発見ができている。

大隅 栄太朗 さん(千葉県)の作品

「にこにこせいちゃんの作り方2020
〜3才の弟、なぜ泣くの?〜」

受賞者の作品

先生せんせい

おとうとおもいのあたたかい家族かぞくのつながりがかんじられるとてもよい作品さくひんです。いつもおとうとがにこにこしていたらうれしいですね。そのための研究内容けんきゅうないようとして、いた原因げんいんきやんだきっかけ、いた時間帯じかんたい天気てんきとにこにこりつなどをげ、きめこまかく調しらべ、えんグラフやおびグラフであらわし、かりやすくしめしています。昨年さくねんからの継続研究けいぞくけんきゅうとして、おとうと成長せいちょうぶりがよくかり、すばらしい研究けんきゅうです。

杉原 秀汰朗 さん(岐阜県)の作品

「パスタはどうしたら2本におれるのか?」

受賞者の作品

先生せんせい

生活せいかつなかから「パスタはどのようにしてれるのか」という問題もんだいつけて、それを解決かいけつするために7つの実験じっけん実施じっししました。その結果けっか、パスタのりょうはしをちひねりながらゆっくりることにより、きれいにることができることをつけました。解決かいけつ方法ほうほう科学的かがくてき適切てきせつであり、結論けつろん納得なっとくのいく内容ないようでありすばらしい研究けんきゅうだとおもいます。

小坂 友楓奈 さん(東京都)の作品

「どうしてお魚には、赤いのと、白いのがいるの?
〜赤身魚と白身魚のなぞを調べる〜」

受賞者の作品

先生せんせい

日頃ひごろべている魚肉ぎょにくいろ関心かんしんをもち、いろちがいとその原因げんいん調しらべるといった実生活じっせいかつから見出みいだした研究けんきゅうで、かりやすくまとめています。実際じっさい調しらべてみると予想よそうどおりではありませんでしたが、そこからあたらしい疑問ぎもんにつなげて追究ついきゅうふかめて解決かいけつしています。また、さかな特性とくせい調しらべるために、実物じつぶつ資料しりょう豊洲市場とよすしじょう見学けんがくなどを関係付かんけいづけて調査活動ちょうさかつどうしているてんもよいみです。

  1. 「よくとぶ紙ひこうきを調べよう」 堀越 晃さん(群馬県)
  2. 「石や砂や土を使って絵の具を作ろう!」 中吉 優護さん(大阪府)
  3. 「しゃっくりを とめる方法を探れ
    ~どんな時、しゃっくりがでる?~」
    當田 峻大さん(富山県)
  4. 「がんばれしっこ工場」 桑原 隼人さん(広島県)
  5. 「歴史人物(250人)の寿命について」 長尾 昂太朗さん(埼玉県)
  6. 「ガなどの虫はどんな光がすきなのか」 名和 祐志さん(東京都)
  7. 「このあわ なーあに?」 久米 風歌さん(山形県)
  8. 「すごいぞペットボトル式砂ろ過装置」 川崎 麟太郎さん(佐賀県)
  9. 「どんな紙ひこうきが1番とぶの?」 南須原 拓也さん
    (アメリカ)
  10. 「この野さいうく?しずむ?」 木下 結愛さん(東京都)

4年生ねんせい

テーマ

きみの調ちょう ~なぜ・どうしてとおもったことを調しらべよう~

選考基準

  1. ①自分がふしぎに思ったことをテーマに選んでいる。
  2. ②「調べたいと思った理由→予想→調べ方(実験・観察、調査の方法や計画)→結果→わかったこと」という流れで
    まとめられている。
  3. ③結果から自分なりの発見ができている。

古田 紗衣 さん(岡山県)の作品

「こうりつの良いかんき方法~コロナに負けるな~」

受賞者の作品

先生せんせい

「コロナにけるな」―サブテーマから、感染症かんせんしょう予防よぼうをしながら学校生活がっこうせいかつおくふるさんのねがいがつたわってきます。換気かんきをしながら冷房効果れいぼうこうかをどうたかめていくか、コロナにおける問題もんだいたいしてチャレンジしました。モデル実験じっけんふうしておこない、ひょうやグラフを活用かつようして、かりやすくけっをまとめました。さらに、自分じぶん教室きょうしつでも再現さいげんたしかめるてん見事みごとです。4年生ねんせい大賞たいしょうあたいする研究けんきゅうです。

木本 ふみ さん(京都府)の作品

「ツバメがどうやったら安全にくらせるか in 京都2020」

受賞者の作品

先生せんせい

実際じっさいにはツバメの巣立すだちの様子ようすていて、ツバメがくるまにはねられてしまったことから、この研究けんきゅうをしようとおもったのですね。ツバメを観察かんさつし、さらにツバメのさまざまなてき調しらべていますので、うったえるちからつよ内容ないようになっています。「人々ひとびと見守みまもりと共生きょうせいしているツバメにちかづきすぎてもはなれすぎてもだめで、安心あんしんできる距離きょり見守みまもりたい」という言葉ことばはとてもすばらしい一言ひとことです。

  1. 「仲良し兄弟の作り方2
    ~おうち時間でのケンカをなくすには?~」
    大隅 光一朗さん(千葉県)
  2. 「『たよれるマスクをさがせ!!』」 森田 美紅さん(茨城県)
  3. 「育児についての研究」 森本 杏南さん(新潟県)
  4. 「あっ!と おどろく氷のひみつ
    ~氷のとけ方と味の変化~」
    相原 芯太さん(神奈川県)
  5. 「メレンゲのひみつ・ふしぎ」 佐藤 耀太郎さん(岐阜県)
  6. 「体重変化のひみつを探る」 久保田 瑛斗さん(福井県)
  7. 「緑のフェイスシールドをつけたら、
    視力は回復するのかな。」
    山本 郁志さん(奈良県)
  8. 「6この のみものと あさがおの成長」 奥村 陽登さん(愛知県)
  9. 「あかちゃんの成長」 原 愛瑠さん(神奈川県)
  10. 「小学校のまわりのマンホール」 田口 杏梨さん(神奈川県)

5年生ねんせい

テーマ

きみの発見調査はっけんちょうさレポート 興味きょうみをもったことを調しらべてレポートにまとめよう~

選考基準

  1. ①選んだテーマの目的や動機がはっきりしている。
  2. ②「目的→予想・仮説→調べ方(実験・観察、調査の方法や計画)→結果→考察」の流れができている。
  3. ③自分の興味・関心や身近な生活、地域の自然や社会の問題などに結びつけて考えられている。
  4. ④結果から、自分なりの考えや提案が書けている。
  5. ⑤人に伝わるようにわかりやすく表現できている。

鈴木 美音 さん(愛知県)の作品

「ピアノは生きているのか?てってい調査!
ピアノのピッチ51日の記録」

受賞者の作品

先生せんせい

絶対音感ぜったいおんかんという天賦てんぷ才能さいのうかした独創的どくそうてき研究けんきゅうになっています。ピアノのピッチが気象条件きしょうじょうけんなかでも湿度しつど影響えいきょうけることをみずからの実験じっけんデータからみちびすとともに、「意外いがい事実じじつ」として電子でんしピアノも気温きおん影響えいきょうけることを発見はっけんしています。さらに多様たよう素材そざい比較ひかくしてピアノに最適さいてきなものはなにかと、いを発展はってんさせて探究たんきゅうする姿勢しせい見事みごとです。「ピアノはきている!」の最終結論さいしゅうけつろん納得なっとくです。

疋田 泰士 さん(東京都)の作品

「車は、一時停止するのかどうか?」

受賞者の作品

先生せんせい

自宅前じたくまえ交差点こうさてんにある一時停止線いちじていしせん交通こうつうルールをまもって一旦停止いったんていしをするくるまとしないくるまがあることに「あぶないな、なぜルールをまもらないのだろう?」と疑問ぎもんってんだ研究けんきゅうです。人間にんげん社会的行動しゃかいてきこうどう問題点もんだいてん発見はっけんし、「なぜ?」にたいする「仮説かせつ」をて、くるま運転者うんてんしゃ特性とくせい運転状況うんてんじょうきょう周囲しゅうい道路どうろ環境かんきょうとの関係かんけい丁寧ていねいに「調査ちょうさ」し、事実じじつもとづいた「考察こうさつ対策たいさく」をみちびしたすぐれた調査研究ちょうさけんきゅうです。

  1. 「根はどこへ向かって行くのか?」 古澤 真知さん(千葉県)
  2. 「花を長持ちさせるぞ!!! 大作戦!
    ~水を変えてみよう~」
    駒村 心美さん(長野県)
  3. 「わが家の子育て日記 
    わが家の育児(育虫?)方針は、
    自由ほんぽう!」
    毛利 有秀さん(愛知県)
  4. 「今日はどのマスクにしようかな」 青木 愛璃さん(岐阜県)
  5. 「セミの脱皮とぬけがら調査」 入江 誠俊さん(東京都)
  6. 「3秒ルールって本当?」 西野 宙吹さん(京都府)
  7. 「シマトネリコに集まるカブトムシの研究2020」 柴田 亮さん(埼玉県)
  8. 「謎の生物カイエビ
    ~カイエビは貝なのか エビなのか~」
    片桐 櫂さん(東京都)
  9. 「イロ・いろ・色
    奄美の自然で染めてみた!」
    德永 瑛亮さん(鹿児島県)
  10. 「食パン観察日記 ~カビの生え方~」 真々田 愛良さん(埼玉県)

6年生ねんせい

テーマ

きみの発見調査はっけんちょうさレポート 興味きょうみをもったことを調しらべてレポートにまとめよう~

選考基準

  1. ①選んだテーマの目的や動機がはっきりしている。
  2. ②「目的→予想・仮説→調べ方(実験・観察、調査の方法や計画)→結果→考察」の流れができている。
  3. ③自分の興味・関心や身近な生活、地域の自然や社会の問題などに結びつけて考えられている。
  4. ④結果から、自分なりの考えや提案が書けている。
  5. ⑤人に伝わるようにわかりやすく表現できている。

林 彩音 さん(茨城県)の作品

「納豆ネバネバ最強伝説!」

受賞者の作品

先生せんせい

納豆なっとう興味きょうみをもち、納豆菌なっとうきん影響力えいきょうりょくつよさを乳酸菌にゅうさんきん麹菌こうじきん酵母菌こうぼきん、カビきん対決たいけつさせることにより研究けんきゅうしました。実験じっけんとこにするぬかどこ寒天かんてんづくりからはじめ、納豆菌なっとうきんほかきん対決たいけつさせました。その結果けっか納豆菌なっとうきん酵母菌こうぼきんなどには影響えいきょうあたえないことやカビを抑制よくせいすることなどをあきらかにしました。実験じっけん方法ほうほう科学的かがくてき適切てきせつで、結論けつろん内容ないよう妥当だとうであり、大変たいへんすぐれた研究けんきゅうであるとかんがえます。

田 仁平 さん(愛媛県)の作品

「メジロの子育ての観察日記」

受賞者の作品

先生せんせい

観察かんさつ視点してん明確めいかく研究けんきゅうです。すみさんの研究けんきゅうからは、生物せいぶつ愛護あいごする態度たいどがしっかりとつたわってきます。今回こんかいはメジロのひながいなくなる残念ざんねん結果けっかになりました。しかし、すみさんは研究けんきゅうとおして、自然しぜんとのかかわりのなかで、がれていく生命せいめい大切たいせつさについてかんがえることができました。継続観察けいぞくかんさつより「生命せいめい連続性れんぞくせい」をとらえたてんは、すばらしい研究成果けんきゅうせいかです。

  1. 「プラスチックごみについて考える
    ~身近な水域への拡散状況調査~」
    井上 智樹さん(鳥取県)
  2. 「電気代はどうやったら安くなるのか」 駒形 柚さん(新潟県)
  3. 「野菜を干すと どうなるのか」 春成 柚杏さん(石川県)
  4. 「どの洗濯洗剤がいいの?」 佐藤 穂さん(神奈川県)
  5. 「おいしいオレンジの見分け方」 井上 湧斗さん(アメリカ)
  6. 「食べ物乾燥させてみた!」 渡邊 夏希さん(福岡県)
  7. 「ひまつとの戦い」 池田 芽生さん(兵庫県)
  8. 「あさがお日記」 岩崎 凛さん(広島県)
  9. 「介護の仕事 ~これからの社会と私達~」 福田 汐菜さん(岩手県)
  10. 「頭痛に効く音楽 Classic」 広田 朱璃さん(大阪府)
「コンクールについて」にもどる