「環境部門」の作品

3年生ねんせい

テーマ

発見はっけん!エコほうこく! ~きみのまわりでつけた、いいなとおもった環境かんきょうへのみや、まもりたいとおもった環境かんきょうについて、
調しらべたことと、かんじたことをおしえてね~

選考基準

  1. ①どんなテーマを見つけたのか、どうしてそのテーマにちゅうもくしたのかなど、着眼点が自分らしくユニーク。
  2. ②テーマに対して自分なりの気づきや考えをもち、調べる前よりも、環境に対する思いを深めている。
  3. ③レポートの表現のしかたに自分らしさが出ている。

宮﨑 宗獅郎 さん(大阪府)の作品

「食べよう!? プラスチック」

受賞者の作品

先生せんせい

べられるプラスチックをめざして、3つのべもの容器ようきづくりにチャレンジしています。賞味期限しょうみきげんまで研究けんきゅうし、たのしんで実験じっけんおこな様子ようすつたわります。うみをよごすプラスチックはおおきな問題もんだいとなっており、使つかてのプラスチック食器しょっきやカトラリーをらすみが社会全体しゃかいぜんたいすすんでいますね。これからも根気強こんきづよ開発かいはつすすめ、うすくて長持ながもちするべられるプラスチック容器ようきができることを期待きたいしています。

小榮住 麻晴 さん(愛知県)の作品

「昆虫食・外来種食が世界の食りょう問題をすくう!!」

受賞者の作品

先生せんせい

新聞記事しんぶんきじ紹介しょうかいされている昆虫食こんちゅうしょく関心かんしんをもち、それをきっかけとして、食糧難しょくりょうなんSDGsエスディージーズ関連かんれんさせながら研究けんきゅうすすめています。世界せかいべられている昆虫こんちゅうについて調しらべるだけでなく、実際じっさいにイナゴや外来種がいらいしゅのザリガニを調理ちょうりしてべることに挑戦ちょうせん昆虫こんちゅう外来種がいらいしゅ食材しょくざいにした「未来みらい学校給食がっこうきゅうしょく」も提案ていあんしています。このみが今後こんご食糧難しょくりょうなん解決かいけつにつながるかもしれないとかんじさせてくれる報告ほうこくです。

佐々木 新 さん(神奈川県)の作品

「かんきょうにやさしい虫よけは、本当にこうかがあるのか」

受賞者の作品

先生せんせい

環境かんきょうにも人間にんげんにもはたけにもやさしいむしよけは、大昔おおむかしから人類じんるい課題かだいでした。このむずかしい問題もんだいに、ドクダミやトウガラシなど身近みぢかなものを使つかって挑戦ちょうせんしています。すぐに効果こうかるか、なが効果こうかつづくかという問題もんだいにもこたえをそうとしています。らしのなかから疑問ぎもんつけ解決かいけつしようとするこころを、わすれないようにしてください。

  1. 「水べの生き物について」 海老原 悠太さん(茨城県)
  2. 「海にゴミはどのくらいある?」 大垣内 奏さん(神奈川県)
  3. 「私の家の近くにある河川じきの野草ロール」 岡林 杏沙さん(北海道)
  4. 「使わなくなった古がさのエコ変身!」 松本 和樹さん(宮崎県)
  5. 「身近な水辺のゴミ拾いから考える」 武 瑶駕さん(神奈川県)
  6. 「家庭のごみはどれくらいの時間をかけて分解されるのか」 近藤 葵衣さん(東京都)
  7. 「かんきょうにやさしいおふろの使い方を調べた」 松田 海都さん(東京都)
  8. 「牛にゅうのストローがかわった理由」 岩井 希愛さん(北海道)
  9. 「わが家のエコシステム!」 濱 賢治さん(長野県)
  10. 「ナミアゲハの住みやすいかんきょうについて」 岡本 駿佑さん(大阪府)

4年生ねんせい

テーマ

きみのエコ活動報告かつどうほうこく地球環境ちきゅうかんきょうのためにんだこと≫ ~きみがいままでにんだり、まわりのひとにもひろめたいとおもうエコ活動かつどうについて、
調しらべたことやかんがえたことと、実際じっさいにきみが活動かつどうしてみてわかったことをおしえてね~

選考基準

  1. ①選んだテーマの目的や動機、主張や根拠がはっきりしており、論の筋道が通っている。
  2. ②自分の経験や文献などから得た情報にもとづいて問題意識をもち、自分自身が環境にどう関わっていくかを具体的に考え、実際に行動できている。
  3. ③題材の選び方、切り口、表現のしかたに自分らしさが出ている。

當田 峻大 さん(富山県)の作品

「国産木材だけで家が建つ?~ウッドショックから学んだこと~」

受賞者の作品

先生せんせい

木材もくざい値段ねだんたかくなったという新聞記事しんぶんきじみ、国産木材こくさんもくざい問題もんだいや、林業りんぎょう環境かんきょうとのかかわりへと、おもいがひろがっています。たんに、国産材こくさんざいというだけでなく、地元じもと木材もくざい使つか意味いみ使用しよううなが仕組しくみまでかんがえています。生活せいかつかせない『いえ』から地域ちいき日本にほん世界せかい環境かんきょうかんがえる。そんなかんがかた大切たいせつにしてください。

  1. 「かんきょうについて、できることから、はじめよう!」 田丸 愛菜さん(埼玉県)
  2. 「エコバッグって本当にエコなの?」 竹下 美俐さん(東京都)
  3. 「ごみをへらしてゴミを上手く利用しよう!」 亀本 紗代さん(千葉県)
  4. 「きれいな海を守るために~今ぼくにできること~」 安倍 巡さん(秋田県)
  5. 「ごみの未来環境を考える」 水野 花楓さん(静岡県)
  6. 「木を守るためにできること」 西村 然さん(東京都)
  7. 「太陽光発電てなあに?」 高村 知歩さん(山梨県)
  8. 「緑のカーテンでクーラーいらず!?」 服部 あかりさん(大阪府)
  9. 「SDGs 牛乳パックでハガキを作ろう」 小森 朋哉さん(神奈川県)
  10. 「SDGsで未来を変えよう① ~持続可能なリサイクルへ~」 寺田 伊織さん(茨城県)

5年生ねんせい

テーマ

きみのエコ活動報告かつどうほうこく地球環境ちきゅうかんきょうのためにんだこと≫ ~きみがいままでにんだり、まわりのひとにもひろめたいとおもうエコ活動かつどうについて、
調しらべたことやかんがえたことと、実際じっさいにきみが活動かつどうしてみてわかったことをおしえてね~

選考基準

  1. ①選んだテーマの目的や動機、主張や根拠がはっきりしており、論の筋道が通っている。
  2. ②自分の経験や文献などから得た情報にもとづいて問題意識をもち、自分自身が環境にどう関わっていくかを具体的に考え、実際に行動できている。
  3. ③題材の選び方、切り口、表現のしかたに自分らしさが出ている。

ライマー 清蘭 さん(沖縄県)の作品

「2021年 私のまちの自然ビーチのゴミ問題についての調査」

受賞者の作品

先生せんせい

地元じもと海岸かいがんで、一定いってい場所ばしょ定期的ていきてき清掃せいそう調査ちょうさしています。計画的けいかくてきに、これほどくわしく調しらべているのは、すばらしいことです。その地域ちいきまもつづけるため、きれいさをたもつための方法ほうほうかんがえる基礎きそにつながっています。大切たいせつ地元じもとまもつづけてください。そして、世界せかいへと視線しせんひろげていってください。期待きたいしています。

椎木 百音 さん(沖縄県)の作品

「服もプラスチック?!マイクロファイバーをなくすには?」

受賞者の作品

先生せんせい

ふだんから海岸かいがんのごみをひろ自然しぜん大切たいせつにしている様子ようすつたわるとともに、衣服いふくなどからるマイクロファイバーによるうみのよごれをなくすため、科学的かがくてきたしかめながら洗濯せんたくネットの改善かいぜんんだ報告ほうこくです。みんなが関係かんけいする身近みぢか生活せいかつ視点してんをテーマにし、ひとつひとつ努力どりょくしてかったことをげ、あたらしい発見はっけんにつなげています。
報告ほうこくっているうみがきれいで、これまでごみをひろつづけた成果せいかなのだとかんじられました。

  1. 「防ごう!! 地球温暖化 ~省エネ生活、やってみた~」 髙橋 真さん(東京都)
  2. 「☆エコ調理でごみやエネルギーを減らそう!!☆」 稲葉 小夏さん(京都府)
  3. 「ダンボールコンポストのなぞにせまる!~微生物の不思議な力~」 相原 芯太さん(神奈川県)
  4. 「生活排水から川を守ろう!~廃油石けん生活始めました~」 藤山 悠仁さん(静岡県)
  5. 「初めて一万円を超えちゃった!! ~水道代をへらすため生活を変えてみた~」 三浦 愛結さん(東京都)
  6. 「家庭でできる環境活動! コンポスト始めました!」 岡 星奈さん(東京都)
  7. 「たのしくゴミをへらそう!!」 小澤 璃子さん(静岡県)
  8. 「再生野菜を食べよう」 山下 穂澄さん(埼玉県)
  9. 「アグリアクション北海道」 熊倉 幸希さん(北海道)
  10. 「ゴミのないきれいな海へ」 伏黒 剣世さん(神奈川県)

6年生ねんせい

テーマ

きみのエコ活動報告かつどうほうこく地球環境ちきゅうかんきょうのためにんだこと≫ ~きみがいままでにんだり、まわりのひとにもひろめたいとおもうエコ活動かつどうについて、
調しらべたことやかんがえたことと、実際じっさいにきみが活動かつどうしてみてわかったことをおしえてね~

選考基準

  1. ①選んだテーマの目的や動機、主張や根拠がはっきりしており、論の筋道が通っている。
  2. ②自分の経験や文献などから得た情報にもとづいて問題意識をもち、自分自身が環境にどう関わっていくかを具体的に考え、実際に行動できている。
  3. ③題材の選び方、切り口、表現のしかたに自分らしさが出ている。

後上 彰吾 さん(大阪府)の作品

「海洋プラスチックゴミを減らしたい!
~地球を戻し、明日を創ろう2021最終ver.~」

受賞者の作品

先生せんせい

年間ねんかんにわたって、海洋かいようプラスチックに問題意識もんだいいしきをもって、研究けんきゅうつづけています。うみでのクリーンアップ作戦さくせん環境かんきょうイベントなどに積極的せっきょくてき参加さんか調査ちょうさしているだけでなく、SDGsエスディージーズかんする
ポスターへ応募おうぼしたり、地域ちいき公民館こうみんかん海洋かいようプラスチックのことについてうったえたりしており、啓発活動けいはつかつどうにも熱心ねっしんんでいます。海洋かいようプラスチック問題解決もんだいかいけつのために、今後こんごも、ぜひ、この活動かつどう継続けいぞくしてもらいたいとおもいます。

  1. 「プラスチックから海を守る! 豊かな海を取り戻そう」 米倉 怜花さん(岩手県)
  2. 「ゴミを減らすこと。それは、地球と私たちを守ること」 槌田 深月さん(神奈川県)
  3. 「SDGs12より 廃棄率が1番多いスイカの廃棄量を0にしよう」 吉田 咲寧さん(福島県)
  4. 「未来のための3つのチャレンジ」 後藤 愛里さん(埼玉県)
  5. 「鈴鹿川水系の生物を調査しよう!」 新玉 愛斗さん(三重県)
  6. 「そこも食べられるよ」 齊藤 遼さん(神奈川県)
  7. 「ゴミを減らす ~自分でもできること~」 松島 漣さん(愛知県)
  8. 「地球が危ない!? 考えよう!プラスチック問題」 青木 蒼空さん(茨城県)
  9. 「SDGsとは何だろう」 佐藤 楽斗さん(山形県)
  10. 「緑のカーテン」 計 柚希さん(東京都)
「コンクールについて」にもどる