「環境部門」の作品

3年生ねんせい

テーマ

発見はっけん!エコほうこく! ~きみのまわりでつけた、いいなとおもった環境かんきょうへのみや、まもりたいとおもった環境かんきょうについて、
調しらべたことと、かんじたことをおしえてね~

選考基準

  1. ①どんなテーマを見つけたのか、どうしてそのテーマにちゅうもくしたのかなど、着眼点が自分らしくユニーク。
  2. ②テーマに対して自分なりの気づきや考えをもち、調べる前よりも、環境に対する思いを深めている。
  3. ③レポートの表現のしかたに自分らしさが出ている。

奥田 護仁 さん(千葉県)の作品

「ちきゅうにやさしいストローはおいしいストロー」

受賞者の作品

先生せんせい

海洋かいようゴミ問題もんだい解決かいけつするために、おいしくめるかみストローをつくろうとおもい、仮説かせつてさまざまなかみストローをつくって実験じっけんした、ちからのこもった報告ほうこくです。かみストローのこれからの可能性かのうせいかんじさせ、べられるストローのゆめにも発展はってんし、実験じっけんたのしんでいる様子ようすつたわる、おいしさを追求ついきゅうしたステキな研究けんきゅうです。

出口 凛 さん(東京都)の作品

「ゴミの水ぜんぶぬく(せつやくとリサイクルのふしぎ)」

受賞者の作品

先生せんせい

ゴミのなか水分すいぶんらすことが環境かんきょうにいいと気付きづき、自宅じたくのゴミを調しらべます。水分すいぶんらす工夫くふうかさね、その大変たいへんさ・大切たいせつさを実感じっかんします。一方いっぽう、ゴミとなるアボカドのたねそだてるなどかす努力どりょくにもチャレンジします。調しらべ・かんがえ・実行じっこうする努力どりょくつづけてください。

  1. 「地球にいいことノート」 福田 恵唯さん(愛知県)
  2. 「町内の人がしてくれること」 宮本 大聖さん(福岡県)
  3. 「小さくなった妹のTシャツでエコバッグ」 弘山 真菜さん(埼玉県)
  4. 「着なくなった洋服をエコバッグにへんしん」 岡本 柊馬さん(神奈川県)
  5. 「おいしく、楽しく、美しく
    ~地球と私の豆苗生活」
    藤本 望愛さん(愛知県)
  6. 「エコバッグを使ってビニールぶくろを
    へらそう」
    中村 栞さん(大阪府)
  7. 「家のプラゴミをへらそう!」 滝脇 郁花さん(富山県)
  8. 「マイバッグを使っている人をさがせ!
    ー地球にやさしくなろうー」
    坂野 圭さん(愛知県)
  9. 「Green and food waste」 加藤 匠葵さん
    (オーストラリア)
  10. 「カワセミのいる町を守りたいな」 日山 風菜さん(広島県)

4年生ねんせい

テーマ

きみのエコ活動報告かつどうほうこく地球環境ちきゅうかんきょうのためにんだこと≫ ~きみがいままでにんだり、まわりのひとにもひろめたいとおもうエコ活動かつどうについて、
調しらべたことやかんがえたことと、実際じっさいにきみが活動かつどうしてみてわかったことをおしえてね~

選考基準

  1. ①選んだテーマの目的や動機、主張や根拠がはっきりしており、論の筋道が通っている。
  2. ②自分の経験や文献などから得た情報にもとづいて問題意識をもち、自分自身が環境にどう関わっていくかを具体的に考え、実際に行動できている。
  3. ③題材の選び方、切り口、表現のしかたに自分らしさが出ている。

怡土 莉子 さん(熊本県)の作品

「ポイ捨てのない世界を作ろう!」

受賞者の作品

先生せんせい

夏休なつやすみに実際じっさいにゴミひろいをして、さまざまなものがゴミとしててられていたことをグラフとしてしめし、いかにおおくのゴミがあったかをわかりやすくしめしています。そして環境課かんきょうかのかたにインタビューをし、
ポスターをつくり、掲示板けいじばんってみんなにポイてはやめようとびかけています。この行動こうどうするちからもまたすごいです。

ライマー 清蘭 さん(沖縄県)の作品

「2020年 私が住んでいるまちの光害ひかりがいについて」

受賞者の作品

先生せんせい

星空観察ほしぞらかんさつ機会きかいつうじて夜空よぞらくらさ・あかるさのちがいにづき、んでいるまち光害ひかりがいのことを調しらべていて、すばらしい感性かんせいですね。太陽たいよう影響えいきょうけない時間じかんえらび、条件じょうけんさだめて写真しゃしんってうつったほしかず判定はんていし、科学的かがくてき調ちょうしているてんとくすぐれています。できることからはじめて、光害ひかりがいっていくことを期待きたいしています。

  1. 「出す CO2vs 吸う CO2 手代木 玲聖さん(神奈川県)
  2. 「みつろうラップでプラスチックさくげん!!」 熊倉 幸希さん(北海道)
  3. 「海のゴミ調査」 長谷川 佑太さん(東京都)
  4. 「生ゴミの量がへった!そのひみつ」 芦尾 彩葉さん(兵庫県)
  5. 「節水をしながら正しい手あらいで
    コロナをのりきろう!」
    横手 瑛鈴さん(愛知県)
  6. 「1週間にでたプラスチックゴミの量」 長谷川 祐子さん(千葉県)
  7. 「『プラスチックゴミ』どうやったらへらせる?」 本川 夏帆さん(鳥取県)
  8. 「もらえるレジぶくろ?!
    ~もらえるレジぶくろと、
    そざいのひみつにせまる~」
    木本 駿矢さん(神奈川県)
  9. 「『ゴミ』を拾って川をきれいにしよう!」 山本 聡実さん(山梨県)
  10. 「わたしのプラスチック・フリー生活
    ~プラスチックが海をよごす~」
    𠮷村 奈緒さん(東京都)

5年生ねんせい

テーマ

きみのエコ活動報告かつどうほうこく地球環境ちきゅうかんきょうのためにんだこと≫ ~きみがいままでにんだり、まわりのひとにもひろめたいとおもうエコ活動かつどうについて、
調しらべたことやかんがえたことと、実際じっさいにきみが活動かつどうしてみてわかったことをおしえてね~

選考基準

  1. ①選んだテーマの目的や動機、主張や根拠がはっきりしており、論の筋道が通っている。
  2. ②自分の経験や文献などから得た情報にもとづいて問題意識をもち、自分自身が環境にどう関わっていくかを具体的に考え、実際に行動できている。
  3. ③題材の選び方、切り口、表現のしかたに自分らしさが出ている。

堀田 紗英 さん(静岡県)の作品

「知ってた?ポイ捨てゴミはだれかが拾っている
~ウミガメの危機から学んだこと~」

受賞者の作品

先生せんせい

地元じもとのウミガメ教室きょうしつへの参加さんかをきっかけに、ポイてゴミがものあたえる影響えいきょうかんがえ、海岸清掃かいがんせいそう、アンケート調ちょうさ、ぶんけん調ちょうさ、ヒアリング調ちょうさなど、いろいろな方法ほうほう研究けんきゅうふかめた活動的かつどうてき報告ほうこくです。地域ちいき自然しぜんもの大切たいせつにしたいという気持きもちをつよかんじられ、こころひびきました。これからの活動かつどう期待きたいしています。

  1. 「地球温暖化を食い止めよう!
    ~わたしが地球のためにできること~」
    黒田 藍美さん(長崎県)
  2. 「家にも海にもあるプラスチック」 和田 明里さん(神奈川県)
  3. 「荒川のマイクロプラスチックごみ」 浅川 湖月さん(東京都)
  4. 「海洋プラスチックごみを減らした~い!
    ~海洋ごみを減らすために大切なことはなんだろう? 2020ver.~」
    後上 彰吾さん(大阪府)
  5. 「セミの羽化から考えること」 星野 晴輝さん(神奈川県)
  6. 「ごみをなくそう みんなの心 ハッピー」 大石 莉央さん(青森県)
  7. 「生ゴミを減らしたい‼
    ~みんなに知ってほしい活用法~」
    溝川 紗彩さん(京都府)
  8. 「プラをへらそう!!大作戦」 手島 星さん(神奈川県)
  9. 「ゴミ拾い大作戦!」 廣田 大翔さん(群馬県)
  10. 「石油に変わるクリーンエネルギー」 酒井 柚さん(愛媛県)

6年生ねんせい

テーマ

きみのエコ活動報告かつどうほうこく地球環境ちきゅうかんきょうのためにんだこと≫ ~きみがいままでにんだり、まわりのひとにもひろめたいとおもうエコ活動かつどうについて、
調しらべたことやかんがえたことと、実際じっさいにきみが活動かつどうしてみてわかったことをおしえてね~

選考基準

  1. ①選んだテーマの目的や動機、主張や根拠がはっきりしており、論の筋道が通っている。
  2. ②自分の経験や文献などから得た情報にもとづいて問題意識をもち、自分自身が環境にどう関わっていくかを具体的に考え、実際に行動できている。
  3. ③題材の選び方、切り口、表現のしかたに自分らしさが出ている。

岩丸 佳司 さん(福岡県)の作品

「知られざるゲンジボタルの不思議を探る」

受賞者の作品

先生せんせい

ゲンジボタルとともにごした4年間ねんかん飼育しいくなかまれる疑問ぎもん研究けんきゅう記録きろくしています。自然環境しぜんかんきょうなかでホタルがきていくには、ホタルの生活環境せいかつかんきょうすべてを再現さいげんすることが必要ひつようだとづきます。
ホタルの飼育しいくとおしてまなんだことを、今後こんご生活せいかつかしてください。

今井 陽々樹 さん(愛知県)の作品

「本気でCO₂削減
〜太陽エネルギーでお風呂をわかそう〜」

受賞者の作品

先生せんせい

かんがえましたね。なつ太陽たいようエネルギーをうまく利用りようしてみずをあたため、それを風呂ふろとして使つかうとは。ペットボトルにみずれ、くろいビニールぶくろをかけて太陽たいようひかりててあたためる。結果けっか失敗しっぱいかえし、気温きおんたか地面じめん温度おんど活用かつようしながら成功せいこう家族かぞくひと無謀むぼうだとはなされていたようですが、成功せいこうしてわたしうれしくなりました。

  1. 「熱中症は『服』で予防!? 
    地球温暖化と私たちの暮らし」
    福田 汐菜さん(岩手県)
  2. 「『地球温暖化』 ~止めるにはどうする~」 須田 菜月さん(東京都)
  3. 「守ろう! 大切な資源
    ~私たちにできること~」
    水谷 音揺さん(三重県)
  4. 「森林保護についてかんがえる」 水木 陽菜さん(北海道)
  5. 「エアコンを使わずに快適に過ごせるのは
    どれか!!」
    宮沢 珠奈さん(東京都)
  6. 「ゴミがないきれいな地球へ」 栗山 夕実さん(大阪府)
  7. 「林家のゴミ減量大作戦!! ~3Rって何だろう?まずは自分でやってみよう!!~」 林 愛結美さん(京都府)
  8. 「今年の夏は暑すぎる!?
    ~世界を救う地球温暖化防止運動~」
    青木 梓月さん(愛知県)
  9. 「海のプラスチック」 渡部 来美さん(神奈川県)
  10. 「『もったいない』の一言で世界は変わる」 逢坂 美沙妃さん(徳島県)
「コンクールについて」にもどる